鍼灸治療の具体的な効果とは?鍼灸師が解説します。

鍼灸治療の具体的な効果とは?鍼灸師が解説します。

鍼灸治療の効果は?というと、どのようなイメージがあるでしょうか。

痛みが取れる?気持ちが良い?それとも体質改善ができる?

 

本日はこちらを解説します。

鍼灸治療で期待される効果は非常に多いです

鍼灸治療の効果が認められているものに下記があります。

《運動器》
・関節炎・リウマチ・頸肩腕症候群・頸椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛などetc…

《神経系》
・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症etc…

《循環器系》
・心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れetc…

《呼吸器系》
・気管支炎・喘息・風邪の症状etc…

《消化器系》

・胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘・肝機能障害etc…

《代謝内分泌系》
・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血etc…

《生殖、泌尿器系》
・膀胱炎・性機能障害・腎炎・前立腺肥大etc…

《婦人科系》
・更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・不妊etc…

《耳鼻咽喉科系》
・中耳炎・耳鳴り・難聴・メニエル氏病etc…

《眼科系》
・眼精疲労・疲れ目・かすみ目・ものもらいetc…

《小児科系》
・夜泣き・食欲不振・不眠・小児喘息・アレルギー性湿疹・虚弱体質の改善etc…

※参考ページ:公益社団法人 日本鍼灸師会

 

腰痛や肩こりなどは鍼灸治療で治すイメージが強いかと思いますが、これだけの症状に効果があるとされています。

鍼灸治療で効果が出る理由は?

東洋医学の考えでは、人間のカラダには足の先から頭までの全身に、多くの経穴(俗にいうツボ)が存在しているとされています。

その経穴に鍼やお灸をすることで症状を改善していくのが鍼灸です。

私たちのカラダには「自然治癒力」というものが生まれながらにあります。

体内に細菌やウイルスが入ると、カラダは熱を出してそれらを倒そうとしますし、転んでキズができたときには、健康的なカラダであれば自然とキズは塞がっていきますよね。これが自然治癒力です。鍼治療にも近いものがあります。

鍼や灸によって皮膚が刺激を受けると、カラダは「組織に刺激が入った」と感知し、刺激された細胞を修復しようとカラダが働きだします。

 

具体的には、刺激された箇所に白血球などが集まって働き、回復させようと積極的に組織を生成されます。

 

このような作用で組織の回復が活発になることで、血行や不調の改善がのぞめます。

 

鍼灸治療で考えられる副作用①だるさや眠気

鍼灸治療は薬などを使用せず、かつ患者様本人の自然治癒力を引き出す作用があるため、カラダにはとても優しい治療です。ですが、まれに治療後にカラダのだるさを訴える方がいるのも事実です。

鍼と灸にてカラダの血行が改善され、気の巡りもよくなると、カラダがより良い状態になろうとする反応「好転反応(こうてんはんのう)」という作用で、だるさや眠気を感じることがあります。

 

可能であれば、治療を受けた日は、いつもよりも早めカラダを休め、かつ十分に睡眠時間を取られることをおすすめしています。

 

鍼灸治療で考えられる副作用②内出血

二つめは、鍼を打ったところに見られる内出血です。非常にまれではありますが、鍼を使用する以上、内出血になる確率がゼロではありません。

こちらは鍼を打つ場所はもちろんですが、患者様の体調や体質によっても個人差があります。
痛みが残ることはほとんどなく、長くても1〜2週間で自然と消えていきます。

 

私個人が使用している鍼は0.12mm〜0.2mmと、鍼灸治療で使用されている鍼の中でも非常に細いタイプの鍼を使用しています。

 

なるべく痛みなく、患者様に心地よく治療を受けていただけるように、工夫をしています。

 

鍼灸治療で考えられる副作用③灸あたり

セルフケアとして、ご自宅でのお灸をおすすめしています。
何故ならば、鍼灸治療の効果は永続的なものではないため、治療と並行してセルフケアや生活習慣の見直しをしていただきたいからです。

自宅でのお灸は、お風呂に入る前後30分は避けていただくようにお願いしています。
お風呂の直前だとお灸で血流が促され、さらにお風呂でもカラダが温まりますので、一次的にのぼせたような状態になることがあります。

 

またお風呂の後すぐにお灸をすると、皮膚に水分を多く含んでいる状態での行うため、低温やけどの可能性がゼロではないからです。

まとめ

鍼灸治療で改善が期待される症状は非常に多く、ぜひ多くの人に受けていただきたい治療法です。

ただ、一つのもので全てが解決するものなどはなく、良い面もあれば、治療を受ける前に知っておくべきポイントもあります。

 

今回は、鍼灸治療の適応症のご紹介と、受けていただく前に必ず知っておいていただきたい、代表的な副作用をお伝えしていきました。

 

お読みいただいた方の少しでも参考になっていれば幸いです。

鍼灸治療についてカテゴリの最新記事