鍼灸師による「人生の行き止まりを感じたときにするべき、たった1つのこと」

鍼灸師による「人生の行き止まりを感じたときにするべき、たった1つのこと」

 

なんで今の仕事をしているんだろう?

 

これって本当に自分のやりたいことなのかな?

 

そんな気持ちを持っている方には、ぜひ読んでいただきたい。

 

人の身体にたずさわる仕事について、今年で10年目。

 

人間、豊かに生きるためには「健康的なカラダ」は欠かせないものです。

 

そのカラダに関わる仕事ができていることに、今は大変しあわせを感じています。

 

相手の人生が、少しでも良い方向に進むきっかけになれればと思い、色々なチャレンジをしてきました。ですが、ちょっとした落とし穴もありました。

 

一所懸命になればなるほど、自分の予定は後回し。

 

一所懸命になればなるほど、相手の求めることを優先し、自分の意志を見失う。

 

一所懸命になればなるほど、今のままで良いのかと、根拠のない将来への不安を感じる。

 

月の休みは1、2日あるかないか。自分が好きで始めたことだから、最初は苦にならない。

 

人から求められていると思うと、より一層がんばろうと睡眠時間を削ってでも努力をする。

 

ただ、気づくと目の前のことを「こなす」ことに手をとられ、先を考えた活動はあと回し。

 

「緊急かつ重要」なことや「緊急かつ重要でない」ことに、手をとられている状態ですね。

 

自分を高めるための時間を確保することが、非常にむずかしくなりました。

 

そんな毎日を過ごしていると、ふとした時に、急に虚無感に襲われた時期があります。

 

好きでやってきた仕事のはずなのに、いつしか、やらされ仕事になっている…。

 

そんな自分に、さらに自己嫌悪…。このままで良いのか、俺…。

 

そんな時には「休む」ことを、強い意志をもって選択すべきだと、今は自信をもって言えます。

 

「休む」の考え方

「休む」というと、どこかネガティブなイメージで捉えられている方がいらっしゃいます。

 

「休むヒマがあったら、少しでも今の仕事を進めた方が良いんじゃないか。」

 

「家で寝てても、何も解決しないし…。」

 

そんな方は「休む」を間違った解釈をしています。

 

休むとは「やりたいことをやり、やりたくないことをやらない」ことです。

 

睡眠時間が確保できずにいたのなら、カラダが回復するだけの睡眠をとる。

 

食事内容がおざなりになっていたのなら、栄養バランスのよい食事をとる。

 

教養を高める時間が取れていなかったのなら、興味のある場所に足を運んでみる。

 

家族や恋人とのコミュニケーションが取れていないのなら、時間をとって旅行に行ってみる。

 

その他にも、人によって無数にあるでしょう。

 

決して、家の中で丸一日ゴロゴロして過ごすことが「休む」ではないのです。

 

自分が本当にやりたいことは何なのか。

 

カラダやココロが、真の求めていることは何なのか。

 

ここに目をつむってしまい、日々の作業に追われていては、あなたのカラダは疲弊しきってしまいます。

 

そしていつしか、疲弊していることすら分からなくなってしまいます。

 

そんな私も以前は休日をとることに、罪悪感をおぼえる時期がありました。

 

それはもう、末期症状でした…

 

仕事をすることがダメなのではない

本当にやりたいことを考えた時に「仕事」がランキングのトップであるのなら、それも一つの選択でしょう。いらっしゃいます。フロー状態の人。マリオでいうスター状態ですね。

 

ただその人を見て「私ももっとやらないと!」となるのは危険ですよ、ということです。

 

「仕事」とは自分にとって何なのかは、人によって大きく異なります。

 

人生の全てをかけて取り組むことだ!という方もいらっしゃれば、そうでない方ももちろんいらっしゃるでしょう。

 

要は周りの人がどうかではなく、自分のカラダとココロがどこに向かいたいのか、が大切なのです。

 

みんな、一所懸命に毎日を生きているはず。

 

メンテナンスは「砥石」と考えましょう

カラダやココロのメンテナンスは、包丁を研ぐことに似ています。

 

包丁の切れ味が悪いと、素材をつぶし、生かすことができません。

 

定期的に砥石で刃を研ぐことで、切れ味を保つことができます。

 

切れ味が悪い包丁 = 正常な判断や、高いパフォーマンスが発揮できないカラダ と考えるとどうでしょうか。

 

切れない包丁で、力いっぱいに素材を切っても

 

効率の良さ、味の良さ、料理の楽しさ、どれをとっても、切れる包丁には敵いません。

 

使い続ければ、何かしら問題が出てくる。でもメンテナンスをすることで、より長く気持ち良くつかうことができます。

 

きっと、カラダやココロも同じことが言えるはずです。

 

モノはいつかは使えなくなるように、カラダにも寿命があります。

 

だからこそ「休む」ことで、メンテナンスをするのです。

 

私たち人間のカラダは、少々の不調があっても働いてくれます。これは本当にすごいことです。

 

機械じゃ考えられませんよね。ガス欠では機械は動くことはできない。配線の1本でも切れたら大変なことです。

 

ですが、カラダは動かすことができる。でもそんな状態を続けていると、いつしか悲鳴をあげてしまいます。

 

だからこそ、ちょっとしたカラダの変化にも気づける状態を。

 

みんな、毎日一所懸命に生きているはず。

 

「休む」の意味、もう一度考えてみませんか?

考えかたカテゴリの最新記事