生理痛に鍼灸治療は効果的?鍼灸師が解説します。

生理痛に鍼灸治療は効果的?鍼灸師が解説します。

女性の生理痛には、鍼灸治療が効果的と言われています。

今回はそちらに関して解説していきます。

生理痛(月経痛)を西洋医学的にみると…

女性は月経によりホルモンの変動が毎月あり、年代によってホルモンバランスが大きく変わるため、男性に比べて体調に変化が起こりやすい傾向にあります。

また女性の社会進出などにより、長時間労働など以前に比べてカラダへの負担を抱えている女性が増えてきており、ストレスによる不定愁訴(明確な原因がわからない不調)も多くなってきています。

最近多く見られるのが、生理前に急に気分が落ち込んだりする精神的な症状や、肌荒れや頭痛などカラダの症状がおこるPMS(月経前症候群)があります。

 

日常のストレスの緩和や生活習慣の見直しを行い、それでも症状の改善が難しい場合は抗うつ剤やピルを処方されることも。

今ある症状に対して薬を処方し、症状の緩和を目指す、西洋医学的なアプローチの特徴ですね。

生理痛(月経痛)を東洋医学的にみると…

生理痛に限らず、妊娠、出産、更年期など女性特有のカラダの変化は、東洋医学では「瘀血(おけつ)」が深く関係しているといわれています。

瘀血とは体内の古い血がうまく排出されずに、滞っている状態をさします。

血や気のめぐりの悪さや、血の不足など、血が主な原因になっているためです。

瘀血に関する詳しい記事はこちらから

 

鍼灸治療や日々の養生により、瘀血を取りのぞき、気のめぐりを整える、血の不足を補うことで症状を改善して行きます。

 

生理痛に鍼灸が効果的な理由

毎月の生理痛がツラいとおっしゃる方のほとんどが、生活習慣になにかしらの課題を抱えていらっしゃいます。

遅くまでの仕事で睡眠不足になっている、一日中デスクワークで座りっぱなしで足のむくみがひどい、食事は添加物が多く含まれたジャンクフードの日が多い、運動不足で日頃汗をかく習慣がない、などなど。

そんな時には、鍼灸治療を受けていただくことを強くお勧めします。

なぜならば、その時の症状を改善させるだけでなく、生理痛が強くなるに至った経緯を、様々な観点からみて治療ができるからです。

西洋医学的な観点のみとなると、症状に対する薬の処方で終わってしまうことも多く(一時的に症状を緩和するには良いと思いますが)
それだけでは、根本的な症状の解決にはなっていないからです。

鍼灸治療では、「四診(ししん)」といって、患者様からのお話はもちろんのこと、その他にも見た目(顔色や肌質など)、脈やお腹などを実際に触って確認させていただきながら、治療の方針を決めていきます。

 

丁寧にカンセリングを行なっていくことで、患者様本人も気づいていない課題がわかることもあります。

 

生理痛の具体的な改善方法

生活習慣の見直しといっても人によって様々ですので、今回は東洋医学的観点で説明していきます。

慢性的な疲労やストレスが強いと、症状が強くなる傾向にあります。

ストレスを溜めすぎない、適度にリラックスをする時間をとるなど、セルフケアを心がけましょう。

 

精神的な症状が強い場合は、いつもよりも少し長めに睡眠時間を確保することを忘れないでください。

また瘀血症状は婦人科系のカラダのトラブルと密接に関わりがあるので、食べ物でいうと「かに」や「エビ」などの甲殻類、チョコレートやココアなどの甘いものは瘀血症状を強めると言われています。

カラダを冷やすことでも瘀血症状は助長されますので、冷たい飲み物や、生野菜の過度な摂りすぎには注意しましょう。

あまり馴染みがないかもしれませんが、「キクラゲ」には血をきれいにする働きがあり、瘀血症状の改善には効果的とされています。生理不順には生姜を使用したメニューがお勧めです。

日常で気をつけていただきたい点としては、とにかく「カラダを冷やさない」ことです。

下半身の冷えは悪化する傾向にあります。食べ物に気をつけながら、毎日の入浴でカラダを温めるように心がけ、冷えないようにすることが大切です。セルフお灸ができればなお良しです。

まとめ

今回は生理痛と鍼灸について解説してまいりました。

現代人は働きすぎ、日々ストレスに晒されすぎ、といわれています。

鍼灸治療を通じて、まずは「自分のカラダとココロに向き合う時間」をとっていただきたいと強く思います。

自分のカラダの声を聞かず、もしくは聞こえなくなっている方が非常に多いです。

人間のカラダというのは多少の無理はききますが、限度を超えてしまうと壊れてしまいます。

 

壊れてしまってからのケアは、非常に時間もかかり大変です。

 

毎日を楽しく、快適に過ごしていただくためには、日頃からの適切なケアが何より必要です。

 

読んでいただくと分かるかと思いますが、何も目新しいものはありません。

カラダを温め、しっかりと睡眠と栄養をとって休む。

言葉で見ると簡単のように思いますが、これを実際に行うのが現代では非常に難しい。

そんな時には、周りの専門家の方の力をかりてみてはいかがでしょうか?

こちらの情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

鍼灸治療についてカテゴリの最新記事