鍼灸治療の痛みは?鍼灸師が解説します。

鍼灸治療の痛みは?鍼灸師が解説します。

「鍼灸ってやっぱり痛いの?」

 

鍼灸治療を受けた経験のない方から最も多いのでは、という質問。

本日はこちらを解説します。

 

鍼治療の痛みの有無は?

結論から言うと「全く痛みがないわけではないですが、ほとんど痛みを感じない方がほとんどです」となります。

鍼を刺すところをイメージすると、どうしても「痛いのでは?」と不安に感じる方もいると思います。

もちろん先の尖った鍼をカラダに刺入するので、“痛そうだな”と思ってしまうのは至って自然なこと。

 

最初は怖いのが当たり前ですね。

 

ですが、実際に治療を受けていただいている患者様の声を聞く限りでは、かなり少数です。

「最初は鍼は怖いと言うイメージが強かったけど、実際に受けてみると痛みはなく、とてもリラックスできた」

「意外と痛くないんですね。安心しました。」

初めて治療に来られた方からは、よくこのような声をいただきます。

もちろん個人差がありますので、人によっては痛みを感じるケースもあります。

 

ですが、やはり患者様には心地よく治療の時間を過ごしていただきたいので、より痛みのない、かつ効果を体感してもらえる治療が提供できるように日々訓練しています。

鍼の痛みがないのはどうして?

鍼治療では、髪の毛と同じくらいの極めて細い鍼を使用し、ツボを刺激することで心身の不調を改善していきます。

痛みを感じるのは、鍼が皮膚に刺さったときですが、皮膚には「痛点」といわれる痛みを感じるポイントが数多くあり、全ての痛点を避けて治療することは非常に難しいところです。

 

特に部位(手のひらや足裏など痛点が密集しているところ)や炎症があるところは、一定の痛みが発生してしまうこともあります。

 

ただし、できるかぎり痛みを感じさせないように、鍼灸師は鍼の打ちかたの工夫をしています。

 

鍼を刺鍼するときには、いきなり刺すのではなく筒状の「鍼管(しんかん)」を使用し、鍼を管の中に入れて皮膚に当てて行います。

 

こちらの方法で行うことで、鍼が一瞬で皮膚を貫くため痛みをほとんど感じることがありません。

 

また最近では、鍼の先端が少し丸みのある形状になっており、皮膚に刺さるときの抵抗が少ないということもあります。

 

痛点は、一定以上の刺激をカラダが感じた際に痛みとして感じるため、刺激が小さければ痛みを感じないようになっています。

鍼の痛みが最小限になるようにこんな鍼を使用します

鍼灸治療で主に使用している鍼をご紹介します。

豪鍼

一般の方の多くがイメージする治療用の「はり」がこちらです。

 

鍼治療において最も多く使用される鍼です。

 

最近のものはディスポーザブルタイプの使い捨てがほとんどですので、感染症の心配はありません。

 

現在ではほとんどの治療院では、安全性や衛生面から使い捨ての「ディスポーザブル鍼」を使用されています。

 

鍼の直径は0.12mm〜0.3mm、長さは30mm〜60mm程度です。

 

長さにも種類がありますが、皮膚に接触する程度(1mmくらい)から1cm〜2cmの範囲でカラダに刺入します。

 

私の場合は、刺激が強くなりすぎないようにしているので、接触程度から数mmの刺入が多いです。

 

鍼の素材には金・銀製、ステンレス製などがあります。

 

私はステンレス製の鍼を使用することが多く、メリットとして「折れにくく刺入やすい」「耐久性に優れている」

が挙げられます。逆にいうと柔軟性や弾力性は劣るため、金・銀製に比べると痛みを感じやすいデメリットもあります。

 

金・銀製は柔軟性や弾力性に富んでおり、カラダに馴染みやすいのですが、錆びやすく手入れが難しいのと価格が高いのがデメリットのようです。

 

現在ではほとんどの治療院では、安全性や衛生面から使い捨ての「ディスポーザブル鍼」を使用されています。

 

「ひびき」の感じ方は人それぞれ

鍼治療では「ひびき」や「得気(とっき)」と呼ばれる、特有の感覚があります。

 

人によって感じ方は様々ですが「ずーんとした」とか「どーんときた」などの感想が多いです。

 

症状の重さによっても異なりますが、皮膚の奥の方に重さが生じます。

 

こちらを気持ちいいと感じる人もいれば、痛いと感じ不快になる人もいて捉え方は人によります。

 

治療を受けた際にあまりにキツイ場合は、術者の先生に遠慮なく伝えましょう。

まとめ

今回は、鍼灸の痛みに関わる「なぜ」を使用する鍼の種類や、刺入の仕方を交えて説明させていただきました。

・痛みはゼロではないが、感じないことがほとんど
・ただし、痛点を避けることは難しいので部位によっては痛みが生じることがある
・鍼の多くは「豪鍼(ごうしん)」を使用しており、鍼管を使用することで痛みが出来にくいように工夫している
・「ひびき」が苦手な人は、遠慮なく伝えること

世には「痛みの箇所にさらに痛みを与えて治療する」という方法も存在します。

 

ですが、私自身が患者の立場であれば、あまり気が進まないのが本音のところ。

 

痛みや不調を治療するために、時間とお金をかけて、さらに辛い思いをしたくない、かつしていただきたくないので、痛みの少ない、心地の良い治療を目指しています。

 

こちらの情報が、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

鍼灸治療についてカテゴリの最新記事